校舎のうらには天使が埋められている ⑦ 【ヒッヒッヒッ…やりました… 千尋は立派にお役目を果たしました…っ】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

■登場人物
蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

 

後堂理香:

2学期から4年2組に転校してきた。
内気な性格で、新しい学校ではたくさん
友達を作ると心に決めていたが、
やはりクラスに馴染めず、あいに助けられる。
あいとは仲良くやっていけると思っていたが…
2代目「わんこ」となってしまう。
何かと助けてくれる優が3代目になり、
自分はあいの配下に。
もう「わんこ」にもどるのは嫌だと、
ビクビクあいの言うとおりに動く。

 

光本奈々芽:

いじめに関わらずにいて
序盤は目立たなかったが、
合唱コンクールの騒ぎの中、
あいに宣戦布告してから目立つようになってくる。
異常なほどの教育熱心かつ
ヒステリックな母親に持ち、
その支配的な母親とは仲がよくなく、
学校でも無愛想で孤立していた。
唯一優しく接してくれる優のことは、
大切な人として、
自分がいいじめから守ろうと決意する。

>>まんが王国はこちらから<<

 

【あらすじ】
第十話
~出席番号25番 光本奈々芽 その3~
野外学習が始まる。

理香は班長になってしまったため、
オリエンテ―リングで迷わないよう
行きのバスの中から緊張が始まります。

理香は、
木戸先生から地図を受け取っていましたが
あいから別の地図を渡され
それを元に行動を開始しました。

 

奈々芽は理香の班なので、
理香の後をついて歩きます。

 

途中、目の前に開ける自然の美しさに
奈々芽は優にも見せたかったと思うのでした。
他の班は、
順調にチェックポイントにいる先生たちに
スタンプを押してもらって進んでいきます。
あい達の班が進む目の前に、
立ち入り禁止の看板
そしてその上には大きなスズメバチが…

 

しかし、あいがジッと見つめると
スズメバチは飛んで行ってしまいました。
あい達は無事そこを通過。

 

理香達の班はかなり遅れましたが、
チェックポイントでスタンプをもらい
そのまま進むと、
あいたちが目にした立ち入り禁止の看板の前に来ます。
立ち入り禁止の看板の無い方に進んでいるはずなのに

 

何かがおかしい…

奈々芽は
”こんなキケンな道、
子供に歩かせるわけがない
戻るかこのまま動かずに助けを待ったほうがいい”
と言い、班のメンバーもそれに従います。
目の前には、急な崖になっていて
理香が落とした帽子を見つけようと
奈々芽が覗き込んでいると…

ドン

奈々芽は谷底に落ちていきました…

 

奈々芽の背中を押したのは
同じ班の千尋…
千尋は気味悪い笑いを浮かべながら
”やりました…
 千尋は立派にお役目を果たしました…っ
 あい姫様…っ♡”
そして、谷底に落ちた奈々芽は…

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ⑥ 【あ、あたし…は班長やります…っ】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

浜上 優:

クラスメイトとは仲良くしていたが、
いじめを不快に思っていた。
偶然 あいの秘密を知ることになり、
日々あいを恐れている。
奈々芽が孤立している中、
一人だけ優しく声をかける。
そして、理花を助けようと
いじめをやめることを提案した結果、
3人目の「わんこ」となってしまう

光本奈々芽:

いじめに関わらずにいて
序盤は目立たなかったが、
合唱コンクールの騒ぎの中、
あいに宣戦布告してから
目立つようになってくる。
異常なほどの教育熱心かつ
ヒステリックな母親に持ち、
その支配的な母親とは仲がよくなく、
学校でも無愛想で孤立していた。
唯一優しく接してくれる優のことは、
大切な人として、
自分がいいじめから守ろうと決意する。

 

>>まんが王国はこちらから<<

【あらすじ】
第九話
~出席番号25番 光本奈々芽 その2~

学校で会っても、あいは感じがよく
奈々芽に何かを仕掛けてこようとは
しませんでした。

奈々芽は、
いじめの証拠をつかみたかった。

そのためには『わんこ』にでも
何でもなるつもりなのに…
そういえば、
曽良野は最初から『わんこ』だった…

それが死の原因??
4年2組では、席替えが行われました。

この席替えで作られた班で
次の野外学習で一緒に行動するので
生徒にとっては重要な席替えでした。
優は、今も学校を休んでいますが
皆んな元からいなかったかのように
振舞っていました。
優の席は、奈々芽の隣。
奈々芽は、あいが優の机を触るのを振り払い
自分が昨夜の机を運びました。

 

優の机には可愛いイラストが描かれていました。
イラストには”がんばれ”って吹き出し。

自分を励ましていたんです。

 

席替え後の班で、
班長を決めることになりました。

班長は、
野外学習でのキーパーソンになります。

 

奈々芽が手をあげようとした瞬間、
理花が立候補…

あいの差し金?

野外学習で、何が起こる…?

 

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ⑤ 【この天使たちを守るためなら何だってやる…だれも侵すことのできない私だけの正義!】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

浜上 優:

クラスメイトとは仲良くしていたが、
いじめを不快に思っていた。
偶然 あいの秘密を知ることになり、
日々あいを恐れている。
奈々芽が孤立している中、
一人だけ優しく声をかける。
そして、理花を助けようと
いじめをやめることを提案した結果、
3人目の「わんこ」となってしまう

木戸 桃子:

4年2組の担任。
他のクラスの担任らから羨ましがられるほど
協調性のある2組のことを誇りに思っている。
児童らを「天使」と形容し、
いじめの疑惑が浮上してからもありえないことだと
頑なに児童たちを信じ続ける。

光本奈々芽:

いじめに関わらずにいて
序盤は目立たなかったが、
合唱コンクールの騒ぎの中、
あいに宣戦布告してから目立つようになってくる。
異常なほどの教育熱心
かつヒステリックな母親に持ち、
その支配的な母親とは仲がよくなく、
学校でも無愛想で孤立していた。
唯一優しく接してくれる優のことは、
大切な人として、
自分がいいじめから守ろうと決意する。

>>まんが王国はこちらから<<

 

【あらすじ】
第七話・第八話
~4年2組担任教諭 木戸桃子~

合唱コンクールで、
スクリーンに映し出された
野呂瀬先生と優の抱き合っている写真…

見ていた父兄は、
先生の中に変質者がいるのかと 大騒ぎに…

 

先生たちは、対応に追われます。
そんな中、職員室に奈々芽が来て、

”4年2組でいじめが起きています
 4年2組にだまされないでください
 女王蜂に支配されたあのクラスに”

と言い放ちます。

 

奈々芽が去った後
野呂瀬先生も、いじめがあると考えていると言います。

一気に、担任の木戸先生に白い眼が向けられます。

”またあんたのクラスか…”

 

夏休み前に、生徒が一人死んでいるクラス。

 

優は学校に来なくなりました。

下校時、あいは理香と一緒に帰りながら
優が来なくなったので、
つぎのわんこが理香になりそうだと
脅します。

そうならないためにも…

あいは理香にあることをするよう指示しました。

 

奈々芽は、母親から合唱コンクールのときに
皆の前で、あいに宣戦布告したことを
責められ、
それを振り切るように家を飛び出しました。

 

優に会いたい…
優に 自分は戦うことを伝えたい…

 

優の家に自転車を飛ばします。

 

ブレーキがきかない…

 

 

そのころ、木戸先生は
自分と4年2組を守るため
ある作戦に出ました…

女を武器に…

 

優は勇気を出して、職員会議のときに
いじめの事実を話すことを決意します。

優が証言してくれれば…
野呂瀬先生は、職員会議でいじめを明らかにするつもりでいました。

 

しかし、優はあいの策略で
いじめを証言することができず
校長先生は木戸先生の作戦で、
木戸先生の味方に…
そして、野呂瀬先生が信頼する浅岡先生まで
木戸先生の作戦にハマってしまいました。

 

”野呂先生 ここはひとつ
 ほとぼりが冷めるまで
 給食してはいかがですかな…?”

 

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ④ 【大切なものを守れなかった私に、泣く資格なんてない】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

浜上 優:

クラスメイトとは仲良くしていたが、
いじめを不快に思っていた。
偶然 あいの秘密を知ることになり、
日々あいを恐れている。
理花を助けようと
いじめをやめることを提案した結果、
3人目の「わんこ」となってしまう

木戸 桃子:

4年2組の担任。
他のクラスの担任らから羨ましがられるほど
協調性のある2組のことを誇りに思っており、
「子どもたちに恵まれた」
「素晴らしいクラス」と語っている。
児童らを「天使」と形容し、
いじめの疑惑が浮上してからも
ありえないことだと頑なに児童たちを
信じ続ける。

光本奈々芽:

いじめに関わらずにいて
序盤は目立たなかったが、
合唱コンクールの騒ぎの中、
あいに宣戦布告してから
目立つようになってくる。
異常なほどの教育熱心かつヒステリックな
母親に持ち、
その支配的な母親とは仲がよくなく、
学校でも無愛想で孤立していた。

>>まんが王国はこちらから<<

 

【あらすじ】
第六話
~出席番号25番 光本奈々芽~

クラス全員で植えたホウセンカの種。

他のクラスメイトの芽は出て来たのに
光本奈々芽のものだけは出てきませんでした。

”光本~
 ホウセンカになんか 呪いかけただろ~”

男子にからかわれることになってしまいました。

 

奈々芽は、私立小学校を受けていましたが落ちてしまい
この公立学校に入学しましたが
母親は面白くなく、
教育ママに拍車がかかってしまいました。

授業参観で簡単な質問に答えなかった
ことに対し
母親は、家では気も狂わんほどに
怒りを奈々芽にぶつけます。
奈々芽は不愛想なため、
クラスではブキミな女と言われ
距離を置かれていて、
完全に孤立していました。
そんな奈々芽にも、優は優しく接していて
夕方飼育小屋のうさぎを眺めていた奈々芽に
”うさぎ好き?
 だっこしてみる?”
と声をかけます。

 

その次の日、担任の木戸先生から
ショッキングな発表が ありました。
”飼育小屋のうさぎが…
 殺されました”

しかも、鎌でめったぎり…

 

奈々芽のあだ名は『死神』になっていました。

掃除のときも、
誰も奈々芽の机を運ぼうとはしません。

そんな中でも、優だけは知らん顔して
奈々芽の机を運んでいました。

そして、奈々芽のことを
”ほんとうはすごくやさしい子だって
 思うんだ”
きっぱり言いました。
奈々芽は、優のことを大切にしたい
そう思いました。

なのに…

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ③ 【かいぼうっていうのはね…服を脱がせていろんなことするんだよ】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

 

【登場人物】

蜂屋あい

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

浜上 優:

クラスメイトとは仲良くしていたが、
いじめを不快に思っていた。
偶然 あいの秘密を知ることになり、
日々あいを恐れている。
理花を助けようと、いじめをやめることを
提案した結果、
3人目の「わんこ」となってしまう

木戸 桃子:

4年2組の担任。
他の先生たちから羨ましがられるほど
協調性のある2組のことを
誇りに思っており、
「子どもたちに恵まれた」
「素晴らしいクラス」と語っている。
児童らを「天使」と形容し、
いじめの疑惑が浮上してからも
ありえないことだと頑なに児童たちを
信じ続ける。

野呂瀬 弘:

4年3組の担任。
児童たちからは「のろちゃん」の名で
親しまれ、
「かっこいい」と保護者からの評判もいい。
自分の受け持つ4年3組に比べ、
4年2組は大人しくまとまりがあると
感心していたが、
児童の表情への違和感などから
いじめの存在を疑うようになる。

>>まんが王国はこちらから<<

【あらすじ】
第四話 第五話
~4年3組担任教諭 野呂瀬 弘~

もうすぐ合唱コンクール。

ピアノ伴奏者に選ばれた蜂屋あいは
ピアノ演奏もソツなくこなします。

隣のクラスの担任の野呂瀬先生は
4年2組にいじめがある...と
疑いの目を持っていました。

しかし、合唱コンクールの練習風景を見ると
理香に感じていた違和感もなく
単なる思い過ごしか…と
思うようになりました。

 

校舎のうらには、学校で死んだ動物たちの
墓地がありました。

4年2組の生徒たちが、
飼っていた金魚の冥福を
涙を流しながら祈る姿を見て
野呂瀬先生は、自分が子供の頃に
励ましてくれた先生の言葉
そしてそれが自分が教師の道を選んだ
理由であったことを
思い出していました。

 

そして、生徒たちの笑顔に
裏があるとは思いたくない。

 

ある日、野呂瀬先生は、階段の踊り場で、
4年2組の生徒がもめているところを目にします。

その会話の中には
『解剖』という単語。

子供たちには釣り合わない単語に
違和感を覚えます。
天使のようないい子たち…
その裏に”何か”が隠されているとしたら?
夏休みの前に命を落とした2組の生徒。
その命を絶たせた原因が
その”何か”だとしたら…
野呂瀬先生は胸騒ぎがしてなりませんでした。
一人の生徒から
『解剖』が何かを聞いてしまいます。

そして、そのターゲットになっているのが
浜上 優であることも知ってしまいます。
野呂瀬先生は、優に事情を聞こうとしますが
優はかたくなに口を閉ざします。

”チクったって思われたら あたし

 殺される”

 

野呂瀬先生は、電話番号を渡し
いつでも連絡するように言います。

優は、壁1つ隔てた隣に住む隼人が
寝静まった時間を見計らい
野呂瀬先生に電話をかけてきました。

その内容は、
野呂瀬先生が恐れていた以上のものでした。

 

野呂瀬先生は、
この内容を担任の木戸先生に話し
相談をします。

木戸先生は、時間をくれと言いましたが
次の日、
クラスにこのことをバラしてしまいます
優が話したということも…
そして、合唱コンクール。
金賞を手にしたのは、
野呂瀬先生のクラスでした。

そして、スクリーンに映し出されたのは…

 

それだけ見ると、ただの変態教師…

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね。

 

 

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ② 【だって あたし わんこ やめたいんだもん】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

後堂理香:

2学期から転校してくる。
内気な性格で、新しい学校では
たくさん友達を作ると心に決めていたが、
やはりクラスに馴染めず、あいに助けられる。
あいとは仲良くやっていけると思っていたが…

浜上 優:

クラスメイトとは仲良くしていたが、
いじめを不快に思っていた。
偶然 あいの秘密を知ることになり、
日々あいを恐れている。

波多部 隼人:

優とは家が隣同士。
幼なじみでもあり、
優を特別な存在とも思っている。

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ<<

 

【あらすじ】
第二話 第三話
~出席番号21番 浜上 優~

4年2組は素晴らしいクラスだと、
校内の先生たちから評判でした。
担任の木戸先生も生徒が素晴らしい…
と誇らしく思っています。

 

しかし、それは表向きの姿。
4年2組は、
蜂屋あいの独裁国家だった。

 

クラスメイトは、
自分がターゲットにならないために
あいのいいなりになっていました。

 

浜上優は、そんなクラスメイトの中でも
いじめを不快に思っていて、
なるべくイジメに手を貸さないようにしています。

 

そして優の幼なじみの隼人も、
そんな優を助けるかのような
態度をとります。

 

そんな二人の様子を見て、
麗音奈は優に”つきあっちゃいなよ
とからかいます。

 

そのとき、あいは地面をみつめていました。
その視線の先には、
イモムシが蟻に運ばれているところ。

 

あいは、イモムシが生きたまま
蟻にかじられるのが かわいそうだと、
針でイモムシを刺し殺します

 

休み時間は、みんなでドロケイ。
理香ひとりが泥棒で、残りは警察。

 

理香はなんとか、
みんなの目につかないところに
隠れることができ
そこでたまたま優が出くわします。
優は自分の飲み物を差し出します。

自分は捕まえにきたわけじゃないと…

 

しかし、
そこをあいに見つかってしまいます

 

その後、とくに変わった様子もない
あいだったので
優はゆるしてもらえたと思いましたが、
帰り際、自分の机の中に、
あいが殺した
イモムシが入っているのに気づき…

 

あいに殺される…

 

恐れている優に、隼人は一緒に逃げよう、
と手を引き学校を後にしました。

二人が持っているお金は260円…

これで行けるところまで行こう。

 

二人は、昔両方の家族と一緒に
行ったことのある遊園地に行き
観覧車に乗ります。
観覧車からの眺めは綺麗だった…
そしてひとつひとつが小さく見えました。

”クラスのみんなも…
 蜂屋も
結局はあの小さいうちのひとり
でしかないんだよ”

隼人は言いました。

 

隼人は優にキスを…
そして
”俺が守るよ”
と言い切ります。

 

もう、あいの思う通りにうごくのはいやだ
ふたりならこわくない

 

優と隼人は手をとり、教室に入ります。

 

いつもと変わらない朝。
理香がいつものように、ワンコにされていました。

優は勇気をもって
”ねぇ もう やめない?
こういうの”

言ってしまいました。

 

教室に戻ると、
麗音奈が重大発表があるということで
みんなを集めます。

そして、
優と隼人がつきあうことになりました!”
と発表。

 

つきあうって何をするの…?

 

みんなの見ている前で、
愛のあかしを見せろと

捕まえられた優。
当然、
隼人は助けてくれると思っていたのですが…

 

 

>>まんが本編はこちらからどうぞ<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

 

 

校舎のうらには天使が埋められている ① 【衝撃のエレメンタリー・サスペンス!】

   校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:
 
かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

 

後堂理香:

2学期から転校してくる。
内気な性格で、新しい学校では
たくさん友達を作ると心に決めていたが、
やはりクラスに馴染めず、あいに助けられる。
あいとは仲良くやっていけると
思っていたが…

 

吉井麗音奈:
 
あいを除けばクラスのリーダー的存在。
気が強く攻撃的な性格。
「わたあめ」という犬を飼っている。

 

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ<<

【あらすじ】
第一話
~出席番号30番 後堂理香~

理香は4年生の2学期に
転校することになります。
唯一の友達みらいとの約束、
「自分から友達をつくる」を胸に…

 

転校先のクラスでは、
やっぱり緊張してしまい
上手く話しができません。

そこに、蜂屋あいが笑顔で登場。
あらゆる場面で、理香に助け舟を出します。

 

内気な性格は直ることなく、
理香は自己嫌悪に陥ります。

 

学校からの帰り道、理香は
毛がふわふわなかわいらしい犬を見つけます。

その犬に向かって、
自分の気持ちを語る理香。

 

そこにあいが通りかかり、
犬を内緒で一緒に飼おうと持ち掛けます。

あいは、前に飼っていたわんこの首輪を
持ち歩いていました。

首輪には
『ソラ』という名前がついていました。

ある日、帰ろうとする理香は麗音奈に
”なぜ自分たちを避ける”
いちゃもんをつけられ
勇気を出して”こわいから…”と答えます。

 

それを聞いた麗音奈は、
理香を殴ろうと手をあげます。

バシン

あいが間に入り、あいが殴られることに…

理香はいたたまれなくなりその場を逃げ、
河原で犬を抱きしめていると
麗音奈がやってきて、文句を言います。

 

麗音奈がボールを投げると
犬はボールに向かってまっしぐら、
川に落ちてしまいます。

 

なにもできずにいる理香の目の前で、
あいが川に飛び込み 犬を助けます。

 

あいが以前飼っていたわんこは、
死んでしまった…

だから大切な存在がいなくなるのは
もういやだ…

 

理香はそんなあいの姿を見て思わず
”あたし かわりになるよ
 いっしょうめんめい ソラのかわりに
 あいちゃんを元気にしてあげる!”

 

その日を境に、理香の悲劇が始まったのです。

次の日、教室でクラスメイトから渡された
プレゼントは
犬用の首輪だった…

首輪には『ソラ』のネームプレートが…

 

あいは首輪を理香に嵌めながら
”理香ちゃん言ってくれたよね?
 ソラのかわりになるって”

 

>>本編はこちらからどうぞ<<
*校舎のうらで検索してくださいね