校舎のうらには天使が埋められている ⑦ 【ヒッヒッヒッ…やりました… 千尋は立派にお役目を果たしました…っ】

校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

■登場人物
蜂屋あい:

かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

 

後堂理香:

2学期から4年2組に転校してきた。
内気な性格で、新しい学校ではたくさん
友達を作ると心に決めていたが、
やはりクラスに馴染めず、あいに助けられる。
あいとは仲良くやっていけると思っていたが…
2代目「わんこ」となってしまう。
何かと助けてくれる優が3代目になり、
自分はあいの配下に。
もう「わんこ」にもどるのは嫌だと、
ビクビクあいの言うとおりに動く。

 

光本奈々芽:

いじめに関わらずにいて
序盤は目立たなかったが、
合唱コンクールの騒ぎの中、
あいに宣戦布告してから目立つようになってくる。
異常なほどの教育熱心かつ
ヒステリックな母親に持ち、
その支配的な母親とは仲がよくなく、
学校でも無愛想で孤立していた。
唯一優しく接してくれる優のことは、
大切な人として、
自分がいいじめから守ろうと決意する。

>>まんが王国はこちらから<<

 

【あらすじ】
第十話
~出席番号25番 光本奈々芽 その3~
野外学習が始まる。

理香は班長になってしまったため、
オリエンテ―リングで迷わないよう
行きのバスの中から緊張が始まります。

理香は、
木戸先生から地図を受け取っていましたが
あいから別の地図を渡され
それを元に行動を開始しました。

 

奈々芽は理香の班なので、
理香の後をついて歩きます。

 

途中、目の前に開ける自然の美しさに
奈々芽は優にも見せたかったと思うのでした。
他の班は、
順調にチェックポイントにいる先生たちに
スタンプを押してもらって進んでいきます。
あい達の班が進む目の前に、
立ち入り禁止の看板
そしてその上には大きなスズメバチが…

 

しかし、あいがジッと見つめると
スズメバチは飛んで行ってしまいました。
あい達は無事そこを通過。

 

理香達の班はかなり遅れましたが、
チェックポイントでスタンプをもらい
そのまま進むと、
あいたちが目にした立ち入り禁止の看板の前に来ます。
立ち入り禁止の看板の無い方に進んでいるはずなのに

 

何かがおかしい…

奈々芽は
”こんなキケンな道、
子供に歩かせるわけがない
戻るかこのまま動かずに助けを待ったほうがいい”
と言い、班のメンバーもそれに従います。
目の前には、急な崖になっていて
理香が落とした帽子を見つけようと
奈々芽が覗き込んでいると…

ドン

奈々芽は谷底に落ちていきました…

 

奈々芽の背中を押したのは
同じ班の千尋…
千尋は気味悪い笑いを浮かべながら
”やりました…
 千尋は立派にお役目を果たしました…っ
 あい姫様…っ♡”
そして、谷底に落ちた奈々芽は…

 

>>このマンガの本編はこちらから<<
*校舎のうらで検索してくださいね

 

 

 

コメントを残す