校舎のうらには天使が埋められている ① 【衝撃のエレメンタリー・サスペンス!】

   校舎のうらには天使 ネタバレ 結末

【登場人物】

蜂屋あい:
 
かわいらしいお嬢様のような雰囲気の美少女。
成績優秀でスポーツも得意、
なんでもできるクラスの中心人物。
4年2組で行われるいじめの首謀者だが、
自ら手を下すことはなく
周囲に命令をする。

 

後堂理香:

2学期から転校してくる。
内気な性格で、新しい学校では
たくさん友達を作ると心に決めていたが、
やはりクラスに馴染めず、あいに助けられる。
あいとは仲良くやっていけると
思っていたが…

 

吉井麗音奈:
 
あいを除けばクラスのリーダー的存在。
気が強く攻撃的な性格。
「わたあめ」という犬を飼っている。

 

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ<<

【あらすじ】
第一話
~出席番号30番 後堂理香~

理香は4年生の2学期に
転校することになります。
唯一の友達みらいとの約束、
「自分から友達をつくる」を胸に…

 

転校先のクラスでは、
やっぱり緊張してしまい
上手く話しができません。

そこに、蜂屋あいが笑顔で登場。
あらゆる場面で、理香に助け舟を出します。

 

内気な性格は直ることなく、
理香は自己嫌悪に陥ります。

 

学校からの帰り道、理香は
毛がふわふわなかわいらしい犬を見つけます。

その犬に向かって、
自分の気持ちを語る理香。

 

そこにあいが通りかかり、
犬を内緒で一緒に飼おうと持ち掛けます。

あいは、前に飼っていたわんこの首輪を
持ち歩いていました。

首輪には
『ソラ』という名前がついていました。

ある日、帰ろうとする理香は麗音奈に
”なぜ自分たちを避ける”
いちゃもんをつけられ
勇気を出して”こわいから…”と答えます。

 

それを聞いた麗音奈は、
理香を殴ろうと手をあげます。

バシン

あいが間に入り、あいが殴られることに…

理香はいたたまれなくなりその場を逃げ、
河原で犬を抱きしめていると
麗音奈がやってきて、文句を言います。

 

麗音奈がボールを投げると
犬はボールに向かってまっしぐら、
川に落ちてしまいます。

 

なにもできずにいる理香の目の前で、
あいが川に飛び込み 犬を助けます。

 

あいが以前飼っていたわんこは、
死んでしまった…

だから大切な存在がいなくなるのは
もういやだ…

 

理香はそんなあいの姿を見て思わず
”あたし かわりになるよ
 いっしょうめんめい ソラのかわりに
 あいちゃんを元気にしてあげる!”

 

その日を境に、理香の悲劇が始まったのです。

次の日、教室でクラスメイトから渡された
プレゼントは
犬用の首輪だった…

首輪には『ソラ』のネームプレートが…

 

あいは首輪を理香に嵌めながら
”理香ちゃん言ってくれたよね?
 ソラのかわりになるって”

 

>>本編はこちらからどうぞ<<
*校舎のうらで検索してくださいね